雪道の人身事故

雪道の運転をする方は、人身事故に十分注意しましょう。
普通の道路でも頻繁に人との接触事故を起こしている方がいます。
日本では小さい事故を入れると、毎日のように事故が発生しています。
自分が事故を起こさないという保証はどこにもないのです。
特に雪道は事故が多発する原因にもなります。
近年は東京などでも大雪が降る事もあるので、十分に注意して運転することが必要となります。
まずは「雪道は危険」という情報を頭にインプットしましょう。


雪道は三つの危険な要素を持っています。
「止まれない」「曲がれない」「登れない」の三つです。
これらは普通の道路ではほとんどありませんが、雪道では常識です。
雪国に住んでいる方は特に、これらの危険性について知る必要がありますし、普段雪が降らない地域でも突然の大雪になることもあるので、頭にしっかり入れておきましょう。
雪というのはドライバーにとって非常に厄介なものです。
それでいて一度体験したことがある人しか、その危険性はわかりません。


このサイトでは、雪道がいかに危険かということを、人身事故を絡めながら説明します。
「止まれない」「曲がれない」「登れない」というそれぞれの危険性をテーマに説明するので、雪国の方や雪が降る可能性がある地域の方は、知識として身に付けてください。
人身事故や物損事故を起こさないためにも、雪道には十分に注意しておくことが必要です。
慢心や軽率な行動は、雪道では死を招きます。


[管理人推奨リンク]
雪道で他人相手に交通事故でを起こしてしまったときに示談交渉などを手伝ってくれる弁護士事務所です ⇒ 交通事故 示談

Copyright © 2014 雪道を運転するときの人身事故 All Rights Reserved.